FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大井川鐵道の旅(井川線編)

大井川鐵道の旅(井川線編)に出ましょう。

大井川鐵道は、静岡県島田市と静岡市葵区を結ぶ地方私鉄で、
大井川本線:19駅、39.5km
井川線:14駅、25.5km
の路線を持っています。
 →大井川鐵道公式ホームページ

中でも有名なのは、全国で唯一の、アプト式鉄道であることです。

井川線車両

井川線アプト式のアプトいちしろ-長島ダム間1.5kmを除いて非電化のため、
ディーゼル機関車が牽引していきます。

川根茶畑

さすが、お茶処しずおか。
川根茶はとても有名です。

大井川

川幅はだいぶ狭くなり、なかなかいい景色になってきます。
車掌さんがしきりに言っていました。
「景色は右側!」
そうです。ほとんどの区間を大井川の左岸を走る井川線
右側の景色に見ごたえがあります。

井川線アプト式機関車

いよいよ、アプト式区間の登場です。
長島ダムの建設により、路線を変更せざるを得ず、
そのため、短い距離で高低差のある路線となってしまったのです。
そこで採用されたのが、アプト式なのです。

井川線アプト式ラックレール 井川線アプト式歯車

レールとレールの間に設置されたぎざぎざのラックレールと、
機関車にある歯車を噛み合わせて、
急勾配を上っていくものです。

アプト式機関車併結作業

車掌さんが、機関車の連結作業をしています。

勾配票

もっとも急な所で、90‰(1000mで90m上る勾配)で、
普通の鉄道では考えられないほどの急勾配です。

長島ダムアプト式

一番後ろがアプト式機関車で、客車を押し上げています。

長島ダム ダム湖

大井川には、計7個のダムがあり、長島ダムは最大級のダムです。
ダム湖も、かなり大きいです。

井川線旧線跡

長島ダムの建設で路線が変更になった旧路線も、
壊されることなく、残っているところもありました。

大井川

なかなかの絶景でしょ?
日本にもまだまだこういう景色があるんです。

井川駅

終点の井川駅です。
静岡市葵区になるんですが、
駅前の標識には、「静岡 50km」と書かれています。
そうなんです、静岡市の中心部からは程遠いところなんです。

井川ダム

駅前には、井川ダムがあります。
このダムでは、水力発電が行われ、62,000kWの発電が行われています。


テーマ : 鉄道 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

「景色は右側」…。名物車掌の爺さんは元気でしょうかね。ペイヤ号に3人車中泊で疲れ切った旅を思い出します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。